ネイルサロンの意味がわかららない人のために説明

###Site Name###

ネイルサロンの意味が分からない人にネイルサロンの説明をします。

ネイルサロンとは爪に色々なアートを施します。

それをネイルアートと言います。

ネイルアートは特に若い女性中心に人気です。



最近では足の指にもネイルアートをする人がいます。
お店の店員さんにやったほうがきれいにできると思います。そこで、ネイルサロンでのネイルアートをしてもらう時の手順を説明します。


でもこれは、お店によって違います。
1、エメリーボードなどで白爪の形を整え、表面を滑らかにします。

2、ベースコートを塗り、乾燥させます。


3、マニキュアを塗る。

単色の場合も発色を良くするために二度塗りします。

4、トップコートを塗る前にストーンなどの固形の装飾を貼り付ける場合は、マニキュアが乾く前にそれらを貼りつけます。

5、トップコートを全体に塗る。
2~3日に一度、トップコートを塗りすると表面の艶や装飾が劣化しにくいです。

この手順は、僕の友達に教えてもらいました。自分でのやり方もこの手順でやればできます。
自分でネイルアートをやる時の道具を教えたいと思います。

最初にそろえるものまず必要な物は、ネイルアート用の土台です。
チップを作るのに必要な土台です。
スタンドは背の低い方がアートしやすいです。

次に、つけ爪接着シールです。



これは、100円ショップなどで売っています。



アートをする際、さっき紹介した土台に爪をつける事があるので、先につけ爪用にシールを貼っておくとやりやすいです。
次に、自分の爪に合ったサイズのチップケースです。

これも、100円ショップなどで売っています。
紹介したのは、ネイルアートに必要なものです。
まだアートの道具などがあります。


お店の人などにネイルアートに必要な物を、聞いてみてください。



ネイルサロンなどが流行した1990年代後半ネイルサロンは1990年代後半にはたくさんのネイルサロンやネイルスクールができ、多くの女性が気軽にネイルアートを楽しめるようになりました。



ネイルサロンに通うことで指先のおしゃれをプロデュースするだけではなく、いつも爪の状態を気遣い、定期的なケアをすることで爪がキレイになります。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1067745300
http://okwave.jp/qa/q3952089.html
http://allabout.co.jp/gm/gc/450030/